無料相談はアイシア法律事務所

インターネット被害対策

インターネット被害対策

インターネットの利便性が向上する反面、企業にとってインターネット被害が深刻な問題になりつつあります。ネット上で誹謗・中傷がなされると、顧客離れ、風評被害による売上低下等の経済的損害や、精神的なダメージ、従業員のモチベーション低下等の精神的損害が発生します。

アイシア法律事務所は、IT関係の専門家と連携し、ネット対策(誹謗・中傷対策)について迅速かつ確実な対応を実現いたします。

悪評/中傷サイト削除対策

インターネットの掲示板や、SNS(Facebook、Twitter等)において、名誉毀損、肖像権侵害、著作権侵害を行う犯人がいる場合、速やかに書き込み・投稿を削除する必要があります。
当事務所は、掲示板・SNSの管理者が判明している場合は、管理者に対し、内容証明郵便やメールを送付し、書き込みの削除を要請します。管理者がこれに応じない場合は、当事務所は、速やかに仮処分手続を利用して早期解決を図ります。

発信者情報開示請求/投稿主の特定

インターネットにおいて会社・個人の名誉を毀損する書き込みをした犯人に対して、慰謝料請求・損害賠償請求を行うためには、まず犯人を特定する必要があります。

当事務所は、犯人特定のために、まず、掲示板の管理者等に対して発信者情報開示請求の仮処分を行って、プロバイダを突き止めます。その後、プロバイダに対し、犯人の氏名、住所等の情報を開示することを求めて訴訟(裁判)を起こします。

無事に犯人が分かれば、損害賠償請求の手続に入ります。